宮島の名店!焼きがきのはやしのかき三景定食!

なまがき2個

この記事で分かること
  • アクセス(宮島港から)
  • メニュー(一部)
  • 「かき三景定食」の写真


令和3年12月に訪問した、広島県の宮島にある牡蠣料理専門店「焼きがきのはやし」のレビューを行います。

アクセス

宮島港からのアクセス
  • 宮島港から徒歩20分
  • 表参道商店街の込み具合でそれ以上

フェリーで入島する場合は、宮島港から表参道商店街を道なりに進んでいくルートになります。


焼きがきのはやしを目指して淡々と進めば15分もかかりませんが、それ以上かかってしまう魅力が表参道商店街にはあります。

表参道商店街はお祭りの縁日のようなにぎわいで、歩いていてとても楽しいです。

表参道商店街

コロナ禍ではありましたが、観光客や修学旅行生も数多くみられました。


ひさしの下にぎっしりお店が立ち並び、いくら歩いても飽きない魅力があります。

一方で、魅力的なお店が多い分人がとどまり、通路が狭くなりがちです。

あまさわが行った時は、修学旅行生であふれていてなかなか前に進めませんでした、、、それだけ宮島が魅力的ということですね(^^)/

つづいて、メニューをご覧ください。

メニュー

メニュー

宮島に来たらやはり、かきを食べたいですよね!

単品メニューも豊富にそろっていますが、いろんなかき料理を一度に楽しむなら、やはり定食メニューがおすすめです。


今回は「かき三景定食」をいただきました。

とんかつやそば、うどんもあるので、かきが苦手な方でも安心です。

かき三景定食

かき三景定食の構成
  • 生がき    2個
  • 焼きがき   2個
  • 特選カキフライ3個
  • かきめし

かき三景定食

生がき、焼きがき、かきフライ、かきめしの全てが一度に味わえます。


そして、+800円でかきめしを「あなごめし」に変更できます。


かきとあなごと言えば宮島の2大スターです。


即決であなごめしのかき三景定食をオーダーしました。

「やきがきのはやし」では、焼きがきの提供に時間がかかるため、定食を頼んでも提供の準備ができた料理から順に提供されます。


まず、なまがき、次に焼きがき、最後にあなごめしとフライが提供されました。

焼きがきが出てくるまでは20分くらいかかりました。

そして、味もすべて文句なしの旨さです。生がきには厳島神社の鳥居が添えられています。


可愛いですね!


いかがでしょうか。宮島の2大スター(かきとあなご)が一度に楽しめる「やきがきのはやし」の「かき三景定食」。


宮島に行った時はぜひご賞味ください。

開店前から行列がすごいですが、座席数が多いので並んでいる人みんな入りきります。開店前に並んで1回転目に入店してしまうのがおすすめです。

1回転目で入店できないとこうなります。

11時17分のやきがきのはやし

今回の旅行では、以下の場所にも行きました。


興味のある方はご覧ください。

最後までお読みいただき有難うございました。