薬研堀八昌のそば肉玉

令和5年11月に訪問した薬研堀八昌のそば肉玉をご紹介します。

アクセス

  • 広島駅から徒歩20分
  • 銀山町電停から徒歩10分

路面電車やバス、徒歩など色々な行き方がありますが、総じて広島駅から約20分をみておけばよろしいかと思います。

外観と内観

金曜日の15時50分(開店10分前)ごろに訪問しましたが、この行列でした。

全員で20人以上は並んでいたと思います。


この時間に行って今回ぎりぎりで一回転目の最後の1卓に滑り込むことが出来ました。


これ以降の時間の到着だと、一回転目の入店は難しいようです。


また、着席からお好み焼きの提供まで約1時間待ちました。


一回転目に入店できないとある程度の待ち時間が発生することを覚悟した方が良いかと思われます。


今回は、正面入り口横からの入店を案内され、奥にある座敷席に通されました。


裏口から入店すると、通路には芸能人のサインがちらほらと。

裏口をずんずん奥に進んでいきます。

通路の終点に到着すると、座敷席が現れました。

メニュー

メニューを紹介します。

今回は、そば肉玉とすじポンを注文しました。

そば肉玉

こちらがそば肉玉です。

ふわふわとした食感がやみつきになります。


また、麺の外がカリっと、中がもちっとした2種類の食感が本当に美味しいです。


ここでしか食べられない特別な味だと感じました。

平日限定のすじポンもさっぱりとしていて、お好み焼きの口直しに良いお味でした。


以上で薬研堀八昌のそば肉玉の紹介を終わります。


今回の旅行では以下の場所も訪れました。

広島旅行を計画の際はぜひ参考になさってください。


最後までお読みいただきありがとうございました。