ミオ・カザロ(Mio Casalo)川越蔵のまち店の黒豚重 

今回は令和4年7月に訪問したミオ・カザロ(Mio Casalo)川越蔵のまち点の黒豚重をご紹介します。

この記事で分かること
  • アクセス
  • お店のようすとメニュー
  • 黒豚重の感想

アクセス

  • 川越駅からバスで7分
  • 札の辻バス停下車すぐ

川越駅からバスに10分程乗車し、札の辻バス停下車後すぐです。

川越駅からも歩いて行けますが、30分程度かかります。

ですが、川越の蔵の街は歩いているだけでとても楽しいので、徒歩ルートもありですね。

古い町並みが残っていて、歩いているだけでワクワクします。

魅力的なお店がたくさんあるので、時間があればのんびり散策しながらお店に向かうのもいいかもしれませんね。

お店のようすとメニュー

お店のようす

外観です。のれんが涼しげでオシャレな雰囲気ですね。

テイクアウトメニューもやっているみたいです。


中に入ります。

入口付近はショップで奥がレストランになっています。

下の画像は奥から外を写したものです。

ランプがオシャレですね。

比較的座席も広く、コロナ禍でも安心して利用できるかなと思います。

メニューをご紹介します。

ハムやソーセージをつくっているお店のようで、その辺りのメニューが充実しています。


お酒のおつまみになるプレート類もメニューにのっています。

蒸し風呂のように熱い今、冷たいビールと美味しいソーセージでの一服は最高ですね!!

今は夏季限定で冷やし肉みそうどんも販売していました。

暑い夏にはぴったりのメニューです。

黒豚重の感想

  • 小江戸黒豚肩ロース使用
  • 2,200円
  • 肩ロースのうま味とワサビの風味が絶妙

あまさわは小江戸黒豚というブランド豚を初めて知りました。

小江戸黒豚とは川越名産のさつまいもや秩父の山々から流れ出た地下水を飼料として育てた豚のことです。

詳しくは以下のサイトをご覧んください。

とにかく甘みが強いと思います。

一般的な肩ロースに比べて甘さとうま味が濃厚で、非常に食べ応えがあります。

また、一切れがかなり大きいので満足感も大きいです。

わさびもやや甘めで、濃厚なたれとの相性が抜群です!!

是非ご賞味ください!

川越のお店はランチの営業時間が短いお店が多いです。そんな中ミオ・カザロさんは、10時から18時まで通しで営業しています。これが非常にありがたいです!!

以上でミオ・カザロの黒豚重のご紹介を終わります。

以下の場所も同日に訪れました。

川越観光に興味のある方はぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。