熱海プリンカフェ2ndのプリンアイスと数量限定皿プリン

2023年(令和5年)5月に訪問した熱海プリンカフェ2ndを紹介します。

  熱海プリンのお店は近隣に複数あります。こちらは「熱海プリン2nd」の紹介です。

この記事で分かること
  • アクセス
  • 店内
  • プリンアイス
  • 皿プリン

アクセス

  • 熱海駅より徒歩15分
  • 途中坂が急な箇所があるのでご注意ください

  お店のある熱海銀座にはオシャレなお店があるので散策しながら歩いていくのがおすすめです。バスも利用可能です。

店内

お店の紹介をします。


外観は上記のとおりです。


温泉街熱海をイメージした銭湯風の店内です。

座布団が敷かれたイートインスペースもあります。

風呂桶のなかに商品が入っています。


かわいらしいですね。

熱海プリンのキャラクターはかばさんです。

/  熱海(海側)温泉はしょっぱいとされ、塩が好きなカバがキャラクターになっているそうです。

プリンアイス

こちらがプリンアイスです。


濃い目のキャラメルとプリンアイスのクリーミーさがマッチしています。


美味しくいただきました。

限定20食の皿プリン

こちらが限定20食の皿プリンです。


風呂桶をひっくり返したものの上にのせて提供されます。


プリンの上に生クリームと、カバのクッキー、さくらんぼがトッピングされており、見た目もかわいらしいですね。

プリン自体はややかための昔ながらのプリンといった印象です。


味はそこまで甘すぎず、比較的甘さ控えめでした。

イートインスペースで美味しくいただきました。


訪問当日は雨でしたが、お客さんが多く人気のお店のようでした。

/  イートインの座席数は少なめなので、食べ歩きを前提で訪問した方がいいかもしれません。

以上で、熱海プリンカフェ2ndの紹介を終わります。


近隣にはおさかな丼屋ビストロや宝亭など美味しいご飯が楽しめるお店が沢山あります。

併せて訪問してみてください。


以前の静岡旅行ではこちらも訪れました。

旅行計画の際はぜひご覧ください。


最後までお読みいただきありがとうございました。