すえひろ屋の焼肉とキムチ

令和5年11月に訪問した、すえ(ゑ)ひろ屋の焼肉とキムチを紹介します。


焼き肉店としてはややエッジの効いたお店になります。


「自分の好きな部位を適量選んで食べたい」「牛(豚)のみ食べたい」「サイドメニューが豊富な店が良い」といったこだわりのある方には向かない店舗になりますのであらかじめご案内いたします。


ですが、食事中も常に電話が鳴り続けていたので、地元の人に愛された名店なのだろうと実際に訪問して強く感じました。


味もここでしか食べられない唯一無二のいい味です。


ぜひご賞味ください。

アクセス

  • 横川駅から徒歩20分程度
  • 広島駅からはややアクセスがしにくい場所になります

JRの駅でいうと横川駅が最寄りになります。


路面電車を利用してもあまり近道にはならない場所にあるため、素直に横川駅から歩いていくのが無難だと感じました。

外観と内観

外観と内観を紹介します。


お店の外観はこちらです。

店内は座敷とテーブルを合わせて4人掛け程度の卓が6卓準備されています。

こちらのコンロで肉を焼いていきます。

珍しいタイプのコンロですね。

メニュー

続いてメニューを紹介します。


すえひろ屋の焼肉メニューはこちらです!!

以上です(笑)


実はこちらのお店には肉メニューはありません。


というかこの焼肉一皿のみになります(笑)


この焼肉一皿が約1キロで4,500円前後でした(メニュー表も金額の記載もないので正確な料金が不明)。


そして、追加が必要な場合は、最小でこの半分(約0.5キロ)ずつ追加することが可能です。

気になるのがこの一皿にどんな部位が入っているのか?そもそも牛肉なのか豚肉なのか?ということです。結論から言うと、この一皿に牛と豚併せて5種類程度の部位が入っているとのことです。部位はその日によって異なるとのことでした。


こちらを目の前のコンロでひたすら焼いていく、、、そんなお店になります。

そして焼くときのポイントは「全体が白く色づく程度」とのことです(女将さん談)。


肉を焦げ付かせてしまうとすでに焼き過ぎだとのことでした。


また、このお店には焼き肉のたれもありません。


このお肉にはすでに味がついているのです。


早速焼きあがったお肉を食べてみると、、、、


これはうまい!!!


ちょっと濃い目の塩だれが肉に絡んで絶妙な味わいに仕上がっています。


食べた感じ、ごま油やニンニク等が使われているように感じました。


なんせビールにめちゃめちゃ合う!!


一皿はかなりの量ですが、絶妙な塩加減のたれのおかげでどんどんお肉が進んでしまいます。


そして、もう一つ評判なのがこのキムチ。


カクテキと白菜が一緒に入ってます(カクテキのみまたは白菜のみでの注文も可)。


早速いただくと、、、、

うま味抜群!!!!


まず食べると口の中にうま味が広がります。


なんのうま味かと表現するのも難しいのですが、ともかくうま味がドンと来る。


そのあとに、じわじわと辛さがしみだしてくる、そんな味わいです。


といっても、辛味が強いわけでもなく、程よい辛さのキムチです。


こちらに来たらキムチは絶対頼んだ方がいいと思います。


食べずに帰るのはもったいない。


また、こちらのお店では、事前予約の上、肉をテイクアウトすることも可能なようでした。


食事中も何組かテイクアウトのお肉を受け取りに来店していました。


今度はお肉をテイクアウトして自宅で焼いて食べてもいいなと思いました。


以上ですえひろ屋の焼肉とキムチの紹介を終わります。


今回の広島旅行ではこちらも訪れました。

広島旅行計画の際はぜひご覧ください。


最後までお読みいただきありがとうございました。