鬼怒川温泉 ホテル栂(つが)の季 宿泊レビュー


令和4年9月に宿泊した鬼怒川温泉ホテル栂の季の宿泊レビューです。

この記事で分かること
  • アクセス
  • 栃の間のご紹介
  • 夕食
  • 朝食

アクセス

  • 住所 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1438-1 
  • 鬼怒川温泉駅から徒歩15分
  • 鬼怒川温泉駅から無料送迎有

  グーグルマップ上は10分とありますが実際に歩くと20分はかかりました。

  事前に無料送迎の予約のため電話したところ「鬼怒川温泉駅に到着後連絡してほしい」とのことでした。駅到着後連絡すると、5分ほどでニッポンレンタカーの前に送迎車が到着しました。

  チェックアウト時の送迎は朝10時までしか実施していません。それ以降は徒歩やタクシー等で駅に向かう必要があります。

栃の間の紹介

今回は4階の「栃の間」に宿泊しました。


お部屋の様子をご紹介します。


中に入ると6畳の前室と12畳の本間があります。

  令和4年5月オープンの「欅の間」を除き全室喫煙可能です。あまさわは自身の確認不足で禁煙と思い込んで宿泊したため、入室時にたばこのにおいがして少しびっくりしてしまいました。非喫煙者の方は十分ご注意ください。詳細は公式ホームページをご覧ください。

右側にはクローゼット、左側には洗面台とお手洗いがあります。

本間へ入ります。

古いタイプのエアコンが設置されています。


エアコンは3段階「強・中・弱」の調整が可能です。

ミネラルウォーターやお茶セットがあります。

本間の先のベッドルーム(向かって左側)です。


空気清浄機や金庫が完備されています。

向かって右側にベッドが2台あります。


マットレスタイプですね。

外には露天風呂があります。


客室に露天風呂がついているのはコロナ禍ではとても嬉しいです。


大浴場を使わなくて済みますね。

  露天風呂は温泉ではありません。

夕食の紹介

では、夕食を紹介します。

今回は半個室でいただきました。


半個室のようすです。

お品書きの順番にご紹介します。


右下のグラスが食前酒です。

食前酒はぶどうジュースのように飲みやすかったです。言われなきゃお酒と分からない飲みやすさだと思います(笑)

先付です。

湯葉と豆乳の風味がまろやかで繊細な味でした。

前菜です。

右下の柿の白和えはとても美味しかったです。初めていただきましたがこんな料理があるとは驚きでした。

造里(つくり)です。

左上の八潮鱒は濃厚な甘みとうま味があって美味しいです。

温物です。

とちぎ和牛ってこんなに美味しいんですね。サシと赤身のバランスが絶妙でうま味抜群です。一枚一枚大切にいただきました。

煮物です。

カブのなかから三元豚が出てきたときはびっくりしました!!

焼き物です。

これだけ出てきてまだ鮎も出てきます。身が柔らかく味も繊細で美味しくいただきました。

揚物です。

鱧で湯葉を巻いた一品です。鱧がほくほくで美味しかったです。

食事、香の物、汁物です。

はじめてかぼちゃの炊き込みご飯をいただきました。優しい味ですが、ちゃんと出汁の味わい深さもあり美味しかったです。

最後は水菓子です。

チーズブリュレは上の状態のものを料理長が直接バーナーで炙って完成させてくれます。

以上が夕食です。

朝食の紹介

朝食も夕食と同じ半個室でいただきました。

  朝食は男女でメニューが異なります。

  朝食のお品書きはありませんでした。

こちらは男性用のメニューです。

  写真に収まっていませんが、男性メニューにも豚の豆乳鍋がついています。

こちらが女性用のメニューです。

男女で品数に大きな差はないかと思います。デザートの種類が女性の方が多いですかね。

総評

  • お部屋は快適だけどほぼ喫煙室なので要注意!
  • 露天風呂から鬼怒川が望めてGOOD!
  • 夕食はとにかく品数が多く味も満足!
  • 駅から徒歩圏内だが10時以降も送迎はしてほしい!

以上で栂の季の紹介を終わります。


今回の日光旅行で以下の場所も訪れました。

日光旅行を検討中の方はぜひご覧ください。


最後までお読みいただきありがとうございました。